最新情報

ツアーの旅程、オファー、イベント

               
九份お土産 | 大人気な台湾観光スポット-九份。以前はB級グルメの台湾伝統小吃の店が多いですが、現在の九份老街には当地名産品やお土産の店も出揃っています。綺麗な九份景色と美味しいグルメを堪能した後、九份お土産も忘れずにチェックしないと!九份の人気お土産グルメ編をみてみましょう~   九份お土産 |九份芋圓/生芋圓 台湾人に九份の名産品は?と台湾人に聞いたら、一番に出てくる答えは九份芋圓!九份のメインストリート基山街ではメニューに芋圓が入っている店もかなりあります。どの店にするかを悩みますが、人気の行列名店は「賴阿婆芋圓」と「阿柑姨芋圓」。老街の入り口に近い「賴阿婆芋圓」は色んな味の芋圓が売りで;老街の奥の方にいる「阿柑姨芋圓」には美味しい芋圓を食べながら九份の景色も堪能できるのが一石二鳥のお得感抜群!店で食べる以外に、茹でる前の「生芋圓」もお土産として人気です! 賴阿婆芋圓 住所:新北市瑞芳区基山街143号 営業時間:08:00-20:00 阿柑姨芋圓 住所:新北市瑞芳区豎崎路5号 営業時間:09:00-20:00 九份お土産 |阿蘭草仔粿/草仔粿 九份の名店として台湾で広く知らされている「阿蘭草仔粿」。九份の町中結構の比率で皆が手に提げているオレンジのレジ袋こそがここ「阿蘭草仔粿」のものです。芋粿は蒸したタロイモが入った独特の味で、名物の草仔粿(よもぎ餅/草餅)は中の餡が様々!一番人気の菜脯米は細切り大根の漬物で、胡椒がピリと効いたピリ辛味。甜紅豆はあんこが入って、大福のようなお味でホッとします。かなり手頃な値段なので、食べ歩きやおやつにも最適!最初は一個や二個を購入して食べ歩きしたら、帰りに好きな味の草仔粿を何箱もお土産として買っていく人もかなり見当たります! 阿蘭草仔粿 住所:新北市瑞芳区基山街90号 營業時間:09:00-20:30 九份お土産 |菓風小舖/金鉱チョコ、石炭チョコ 台湾ではお馴染みなキャンディー専門店-菓風小舖。1997年に創業され、バラエティ豊富な飴と様々なパッケージで人気を呼んだ台湾初めてのキャンディー専門店。九份の店はレトロな内装で、入り口に掲げた店名入りの暖簾はどこかで日治時代の雰囲気が漂っている。一番注目されたのは店の前にも並んであった九份限定と書いている金鉱チョコと石炭チョコ!九份がかつて金鉱と石炭の生産で栄華を極めた歴史から作られた九份限定のチョコです。石炭チョコは炭入りで、金鉱チョコは食用金箔入り!パーケージには九份も書いてあり、九份の手土産に最適!! 菓風小舖-九份店 住所:新北市瑞芳区基山街68号 営業時間:09:30~18:30 九份お土産 |九金店/蜂巢糕 新北市政府からお土産ベスト10にも選ばれたこの九金店の蜂巢糕。蜂巢糕の見た目はカップケーキのような形、中には蜂の巣らしい構造となり、はちみつの濃厚な香りと相まって、よりはちみつを食べている感じがします!特に人気の「黒糖麻糬蜂巢糕」は黒糖もち入りの蜂巢糕。蜂巢糕の中に黒糖味のもちが入っていて、モチモチした食感も人気の秘密です。他にも鳳梨餅(パイナップル餅)という婚約の時に新婦側が配る「囍餅」も人気だそうです。パイナップルケーキもバラと箱売りがあり、味も冬瓜入りと土パイナップルの2種類! 九金店 住所: 新北市瑞芳区九份基山街14号 営業時間:9:00~20:00 九份お土産 |老珍香餅店/パイナップルケーキ さっき紹介した九金店にも置いてありますが、台湾お土産と言えば、パイナップルケーキ!そうなんです!九份にもお手頃値段のパイナップルケーキがあります!「老珍香餅店」は九份老街入り口から入ってすぐの所に店を構えてあります。ここ九份発祥の店で今は六代目。パイナップルケーキは昔ながらの甘みの強いタイプでしたので、お好みの方はぜひ一度試してみてください。パイナップルケーキ以外に、蛋黃酥、芋頭酥(タロイモ)などもあります。ほかにもお菓子系のお土産は選びきれないほど種類が多いですから、まずは目星をつけて、まとめて購入するのが得策です。 老珍香餅店 住所:新北市瑞芳区九份基山街13号 営業時間:9:00~18:30 九份お土産|Misty米詩堤甜點王國/シュークリーム、牛軋餅(ヌガーグラッセ)、蛋捲(エッグロール) お店の名前にある甜點王國はデザート王国の意味、九份のデザートといえば芋圓とかの伝統小吃のイメージが強いですが、ここMisty米詩堤甜點王國のシュークリームは観光客にも地元民にも大人気です!九份の霧がかかりやすい気候からMistyを名前にしました。瑞芳で本店を構え、数年前にここ九份老街へやってきました。本店はケーキの種類なども多いのですが、九份店での看板は何といっても黄金泡芙(サツマイモシュークリーム)と芋頭泡芙(タロイモシュークリーム)。黄金は台湾の甘い黄色いサツマイモのこと。金が獲れた九份ですから、他店でも黄金=サツマイモにひっかけた食品は見られます。保冷が必要なので日本へ持ち帰りはできませんが、他にヌガーや牛軋餅(ヌガーグラッセ)、蛋捲(エッグロール)など、お土産にはいかが~ 米詩堤甜點王國九份門市 住所:新北市瑞芳区基山街29号 営業時間:9:30~19:00 九份お土産|吾穀茶糧 食茶館/擂茶 台北誠品松菸にも出店してある「吾穀茶糧-食茶館」。創業者は台湾客家擂茶の文化を伝承していくため台湾各地の客家庄を訪ね、客家語では「すりつぶす」の意味を持っている「擂茶」の製茶方法を改良し、抹茶みたいな茶粉にして色んな種類の穀物などに入れて「食茶」文化を提唱しました。吾穀茶糧-食茶館の九份店はメインストリート基山街の一番奥にある展望スペースの手前、コンクリートの建物に大きなガラス窓と木のドア。台湾伝統的雰囲気の店が多い九份にては格別にお洒落のお店。店内で提供された食事メニューとお茶などのドリンク以外に、お土産として各種類の茶葉やティーパック、特別ブレンドされた穀物入りのお茶ドリンクが置いてあります。 吾穀茶糧 食茶館 九份店 住所:新北市瑞芳区基山街166号 営業時間:11:00~19:00     ▼▼おすすめ記事▼▼ 台湾九份行き方 | 人気観光スポット九份の行き方まとめ 九份人気グルメ |
MORE
               
九份天気 |雨の日の過ごし方・茶芸館 九份が金鉱山として栄華を極め、それから衰退していく、映画と芸術で再度人気を呼び戻ったという歴史に興味を持たせる町。昔は今とは違い町自体が静かな雰囲気を持っており、今では台北随一の観光スポットとしての地位の確立した九份ですが、とにかく雨が多い!九份の雨の日の過ごし方で一番おすすめの茶芸館を紹介します~! 九份の歴史、地理と天気 九份は台湾北部の瑞芳に属する山あいの町。1890年頃、清の時代に金鉱が発見され、一獲千金を狙う人たちであふれ、日本統治時代で最盛期を迎え、隆盛を極めた鉱山の街でした。が、主要鉱物であった金と石炭の生産量はその後減り続け、1971年に閉山、街は衰退の道をたどります。 30年前までは過疎化の進む廃坑だった街が、再びスポットライトを浴びたのは1989年。侯孝賢監督の映画「悲情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることになりました。さらに日本では宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たという噂が広まって人気が高まり、レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ねていったのです。今では台北随一の日帰りスポットとしての地位の確立、さらには都会を離れた気分を味わえる民宿などが多数オープンするなど、常に変化を続けている九份。 とにかく雨が多い、雨具は必携! 景色、とくに夜景が美しいことで知られる九份ですが、海沿いの山間部なのでとにかく雨が降りやすいのが難点。通常は観光前に天気予報をチェックして雨具を用意するのですが、九份では昼間は晴れていたのに夜にはどしゃぶり…なんていうこともあります。屋根のない場所も多いので、とにかく雨具は持っていきましょう! ◎傘だけでなく、防水力のあるアウターを着ることをオススメします。また冬場は予想以上に冷えるので、きちんと防寒してお出掛けしてください! ◎交通部中央氣象局-新北市 瑞芳區   そんな雨の多い九份、小雨の中霧がかかって、より神秘的、幻想的な雰囲気になります。しかし、雨の中足場が滑りやすくて、気温も一段寒くなり、やはり何かと観光する気分が無くなりますよね。そんな時、九份の雨天の過ごし方に最適な茶芸館に入りましょう~   九份天気 | 雨天の過ごし方・茶芸館【阿妹茶樓】 九份!と言ったら、あちこちの雑誌やガイドブックに写真が載っているこの「阿妹茶樓」の外観!お店の名前の「阿妹」は、オーナー許乃予(阿妹)さんの小名。小名というのは家族の人たちが子供の幼い頃に呼んでいた愛称のこと。 「阿妹茶樓」の店インテリアデザインをしたのは、阿妹さん本人で、窓が多かった工場をうまく利用してこのような造りにしたそうです。この窓の多さと階段の多さが、「阿妹茶樓」の特徴の一つでもあります。 宮崎駿さんの映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった噂をされた赤提灯のある例の階段。あくまでも噂ですが、そう考えると、千尋のお父さんお母さんがつまみ食いをする屋台の様子はこの九份の基山街に密集して並んでいる店にも似ているかも、顔なしの人の顔は「阿妹茶樓」店内のお面にも見えなくはない?顔なしが砂金を吐き出すところも九份は金鉱の町だったから?階段が多い湯屋の中の様子は、「阿妹」店内のあっちこっちにある階段のようでもある? ここのお茶メニューは台湾各地で採れた様々なお茶がそろっていて種類は豊富!お茶請けも種類が多い。丘の上に立つ「阿妹茶樓」から外を眺めていますと、なんだか空が近くに感じられます。眼下には基隆の海が広がり、晴れた日は付近一帯の丘陵も180度見渡せます。ガラスのない窓からは思う存分にこの景色が楽しめます。雨の中でも、ここから霧の中の幻想的な九份をゆっくりとお茶を飲みながら楽しめるのは、贅沢なひととき! 【阿妹茶樓】 住所:新北市瑞芳区市下巷20号 営業時間 8:30~24:00 電話:(02)2496-0833 九份天気 | 雨天の過ごし方・茶芸館【海悦楼/海悅樓景觀茶坊】 九份を代表する一枚の写真は「阿妹茶樓」の外観を思い出す方は多いですが、実はあの角度の写真は向かいにあった「海悦楼/海悅樓景觀茶坊」から撮影されたものです。 九份の町全体の雰囲気を写真に収めたい時、「海悦楼」の3階のベランダからが一番絶好の撮影スポットと言われています。が、3階は団体客の食事エリアになる場合もありますので、予約いっぱいの時はなかなか入って行けないのが難。雨天や霧がかかった天気の日では赤提灯や茶樓が幻想的な雰囲気に撮れる1階、2階からがおすすめです。どの階でも、撮影の際には他のお客様の迷惑のないように注意しましょう~! 「海悦楼」では台湾茶はもちろん、しっかり食事したい場合もメニューが充実。一番人気メニューは一人鍋。雨天の寒い天気の中、冷やした体はホカホカの鍋とお茶で暖めましょう~!どんな季節でも、どんな時刻でも、どんな天気でも、「海悦楼」から九份の美しさを堪能していただきたい! 【海悦楼/海悅樓景觀茶坊】 住所:新北市瑞芳区豎崎路31号 営業時間 9:00~21:00 電話:(02)2496-7733 九份天気 | 雨天の過ごし方・茶芸館【山城創作坊】 2、3階は景色がよく、また店内の雰囲気もいいのでゆっくりできる、ある意味穴場の茶芸館と言えますが、「山城創作坊」はオーナーと可愛い猫ちゃんが主役の茶芸館です。店内スペースは広くありませんが、団体客を避けて少人数でお茶を楽しめることができます。陶芸家でもある芸術家のオーナー夫婦、一階は二人の仕事スペース、二階はギャラリー、お茶をいただける三階にもオーナー夫婦二人の作品や友人の芸術家の作品がいたるところに展示され、自然とゆったりとした空気が流れています。 雨の日に特有の雑踏と混雑から逃れたい時、ここなら心の静寂を取り戻れそうな気がします。猫好きなオーナー夫婦自ら創作された猫ちゃんモチーフした作品がたくさん置かれて、日本の猫雑誌にも乗ったことあるオーナーの愛猫「黑鼻子」が相手にしてくれるかもしれません~。 【山城創作坊】 住所:新北市瑞芳区基山街194号 営業時間 10:00~20:00(水曜定休) 電話:(02)2496-0340 九份天気 | 雨天の過ごし方・茶芸館【九份茶坊】 「九份茶坊」はかつての地元名士翁山英さんの住居跡で、芸術家でオーナーの洪志勝さんが写生に来た際に九份の景色に魅せられ、長らく廃墟だった住居を1991年に、アートスペース兼茶芸館に生まれ変わらせました。 九份には茶芸館がいくつもあって、どこも景色もよくところばかりなのですが、天気が恵まれてなく、雨天の時には特に重視したい店内の雰囲気なら、ココ「九份茶坊」はその中でもピカイチ!侯孝賢監督の映画「戯夢人生」のロケ地でもあるのだとか、どの角度を見渡しても絵になるのです。どこもかしこも懐古的で美しい芸術空間なのですが、堅苦しくなく、お店の方もフレンドリーで日本語もOK、リラックスできるのが「九份茶坊」。店内に入ると、焙煎したお茶の甘い香りが出迎えてくれます。手前はお茶や茶器の販売スペースになっています。奥の座席用のお湯もここで沸かすので、光が差し込む中、シュンシュンと焼き物の急須が湯気を立てているのを見ているだけでも心が休まります。 「九份茶坊」のオーナーは他にもギャラリーを経営していて「九份芸術館」、「陶工坊」、そして「天空之城」。すべて坂道に沿って「縦」に隣接しています。お茶だけではなく、陶器・絵画作品で九份の美しい景色が楽しめます。山沿いの階段を下ると姉妹店の「水心月茶坊」があります。ズラリと並んだ茶壷、愛らしい猫のオブジェや芸術的な花の数々には特別な味わいがあり、いつまでもいたくなってしまう空間です。 【九份茶坊】 住所:新北市瑞芳区基山街142号 営業時間 10:30~21:00 電話:(02)2496-9056   ▼▼おすすめ記事▼▼ 台湾九份行き方
MORE
               
九份観光&時間 台湾観光の定番コースとなった九份。その眺望のよさと情緒あふれる街並みで多くの観光客を引き寄せています。半日で廻れる観光スポットですが、ゆっくり歩いてみると奥が深く、行く度に新たな魅力を発見できる場所でもあります!人気スポットや観光最適時間などの情報を手にして旅に出かけましょう~♪   ■まずは九份の歴史を簡単におさらい 台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町・九份。日本統治時代に金鉱山として台湾有数の栄華を極めました。しかし、その後主要鉱物だった金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山。衰退の時代を迎えます。 再びスポットライトを浴びたのは1989年。侯孝賢監督の映画「悲情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることになりました。さらに日本では宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たという噂が広まって人気が高まり、レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ねていったのです。   ■九份への行き方、交通手段・アクセス方法 台湾九份行き方 | 人気観光スポット九份の行き方まとめ ご参考ください。   ■とにかく雨が多いので、雨具は必携! 景色とくに夜景が美しいことで知られる九份ですが、海沿いの山間部なのでとにかく雨が降りやすいのが難点。昼間は晴れていたのに夜にはどしゃぶり…なんていうことも。通常は天気予報を見て準備してくださいとおすすめしますが、ここ九份はとにかく雨が多いし、屋根のない場所も多いので、雨具は必ず持っていきましょう!傘だけでなく、防水力のあるアウターを着ることをオススメします。冬場の気温は予想以上に冷えるので、きちんと防寒してお出かけください。また、九份は山の斜面にあり、急な階段が多い観光地であるため、歩きやすい、滑りにくい靴を履くことがおすすめです。 ◎交通部中央氣象局-新北市 瑞芳區 九份観光&時間 |【基山街/九份老街】 九份のメインストリート基山街(舊道口から急階段までの道)に入ると、さっそく商店が密集しています。九份観光はここからのスタートが一番王道な観光ルートです!普通に歩けば10分程度の距離なので、観光所要時間は約1時間で九份を回れますが、この基山街だけで数時間遊べてしまい、予定以上観光の滞在時間が延びるのが九份のすごいところ。一軒目のお土産屋さんから、店頭にレトロなオモチャや驚くほど安い値段の耳かきなどが置いてあって思わず足を止めてしまう。一店舗が小さいので、混在具合は台北以上です。お土産店、小吃&B級グルメ、特産品、台湾雑貨など、いろんな店が点在! ◎基山街の店営業時間は夜19時前後までとなるのが多いです。夕暮れや夜景を堪能してからでは閉店時間に間に合わないかもしれません。 九份観光&時間 |【豎崎路/赤提灯の石階段】 豎崎路って言ってもピント来ないと思いますが、九份と言ったら一番に浮かんで来るそのイメージ!「千と千尋の神隠し」のモデルになった噂の提灯が並べて急な細い階段道が豎崎路!九份の代名詞ともいえる赤い提灯が延々と飾ってあった豎崎路の階段を見上げると、ああ九份に来たな、と実感して旅情が高まります。昼間の時間帯でもみんなが写真を撮りために立ち止るので、とにかく混雑!一番気になるのは提灯のライトアップ時間、実はライトアップ時間は日没時間が基準とされ、毎日時間が異なりますので、一定な点灯時間はないです。提灯のライトアップを目当てに夕方以降の時間帯では休日はもちろん、平日でもとにかく鬼混雑!!ですが、あちこちの雑誌やガイドブックに写真が載っている「阿妹茶酒館」の外観など、自分の目で見るとやはり一段と美しく、幻想的なもの!また、この石階段の豎崎路に「阿妹茶酒館」以外に茶芸館やお茶屋さんもたくさん!好きな店に入って、お茶しながらゆっくり幻想的な景色を堪能することもかなりおすすめ! ◎急な石階段のため、薄暗い夕暮れや夜の時間帯は特に、写真撮影に夢中の際にはぜひ足元に気をつけてください! ◎夕方以降、帰り道のバスもとにかく混雑!帰り時間にもぜひ注意して観光してください! 九份観光&時間 |【昇平戯院】 1934年(昭和9年)、ゴールドラッシュが栄華を極めていた九份に建てられた劇場です。日本時代に完成した建物で、鉱山事業の衰退と共に1986年に閉館となりましたが、2011年9月にリニューアルオープンしました。 実は昇平戯院は、1914年に別の場所で営業を開始したのが、1934年に現在の場所に移動し、現在の建物は1962年に改築されたものです。ここは九份の黄金時代を象徴するバロック様式の娯楽施設で、館内の2階はU字型、柱は六角形。当時の長椅子は折りたたみ式で、1000人ものお客さんを収容することができました。映画の上映中は吹き替えや解説をする人もいたそうです。現在劇場内には昔の映写機や映画のポスターが並んでいます。1989年、九份をロケ地とした映画「悲情城市」が、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞したことで、再び脚光を浴び始めます。現在は午前中に九份の歴史を紹介するドキュメンタリー映像を流し、午後は昔の映画上映を行う映画館となっています。入場料は無料です。 昇平戯院の前では広場とまでには言えないですが、少し広がった場所があり、赤提灯が点灯後の時間帯ではまた昼間と風情がからっと変わって、映画の中みたいな雰囲気に!また、ここから豎崎路の階段の上を向かっての角度も有名な写真スポット。昼間の時間帯でもここなら九份の雰囲気ばっちり撮れます! 九份観光&時間 |【軽便路】 九份に来たら、ほとんどの人が「舊道口」から入り、メインストリートの基山街をクネクネ進み、赤提灯の石階段を下に降りていく。ですが、週末は人も多くて、揉まれ揉まれて店をゆっくり見ないまま、いつのまにか階段を降りてしまっていたということが…。そんな時!穴場の店が多い軽便路も散策してみましょう! 基山街(舊道口)の入り口辺りに公衆トイレがあり、すぐそばの階段から降りての道は軽便路になります。感覚というと、メインストリートの基山街の下に基山街と平行に進む道(クネクネ感も同じ位)。軽便路に降りてから一気に観光客の足が少なくなるのが少々心細いかもしれませんが、目の前に広がれた九份の景色にすぐ心掴まれます!階段降りてすぐ見晴らしのいい所にちょっとした展望スペースもあります。ここがいい写真スポットになります!山と海と夕日、見晴らしのいい日には最高な景色です!九份に多い雨の日でも、霧にかかった景色はまた違う九份の風情が堪能できます。 シャッターを押したくなる景色を右手に進みましょう。途中道がクネクネと狭くなり、やはり心細くなるかもしれませんが、右側にカフェや穴場の店が1軒、2軒とだんだん現れてきます。ここのカフェはテラス席が用意される店が多く、九份の景色を見ながらのコーヒーやティータイムもおすすめです。 さなに進みますと、人足が多くなりだんだん賑やかな感じになってきて、赤提灯の石階段/豎崎路との交差で目の前は昇平戯院!基山街より店の数は少ないですが、混雑の時間帯に軽便路を使って混雑回避にはいい策になるかもしれません。   いかがでしたか?九份の九份観光の人気スポット&観光時間をおさえながら楽しみ方は多種多様。皆さんも是非自分なりの楽しみ方を模索してみてください!   ▼▼おすすめ記事▼▼ 九份人気グルメ | 台湾九份の人気グルメまとめ 九份天気 | 雨の日の過ごし方・茶芸館
MORE
               
九份人気グルメ 約1時間で回れる九份ですが、あちこちに目が行ってしまって、観光時間が予定以上に伸びるのが九份の不思議な魅力。そんな中、絶対外せないのがやはりグルメ!九份の人気グルメをチェックしてみました!   ■九份への行き方、交通手段・アクセス方法 台湾九份行き方 | 人気観光スポット九份の行き方まとめ ご参考ください。 ■九份の人気スポット 九份観光&時間 | 九份人気スポット&観光時間おすすめ ご参考ください。   九份人気グルメ | 芋圓(タロイモ団子) 実は炭坑の町に名産物はなかったといわれています。主食であった芋を使い、やっとできたのが芋圓だと!芋圓の人気店、二軒を紹介します。 ■賴阿婆芋圓 住所:新北市瑞芳區基山街143號 営業時間 8:00~20:00 電話:(02)2497-5245   メインストリートの基山街に店を構えていて、いつも人が溢れている印象ですが、席数は割りとあり、店内までにも赤提灯が灯っていてレトロな雰囲気も抜群!モチモチした食感は最大な持ち味!タロイモ団子以外にも緑茶味、ゴマ味、山芋味の団子もあります。 ■阿柑姨芋圓 住所:新北市瑞芳区福住里豎崎路5号 営業時間 9:00~20:00(土曜日は時間を延長することもあり) 電話:(02)2497-6505   九份の代名詞の赤い提灯が延々と飾ってあった豎崎路の階段を登った先にある「阿柑姨芋圓」。こんなところにお店があるの?と不安になるような高台にあり、その先には山の上の小学校があるだけ、というロケーションですが、台湾の若者たちはこぞってこのお店に向かいます。 人気の理由は芋圓の美味しさもさることながら、店内から九份を見渡せる眺望のよさです。店先で芋圓をオーダーして、うちと作業場と倉庫?の中を通り抜けると、その先に席があります。入口からは想像もできない大パノラマをゆっくり楽しみながら食べる名物の味は格別。デートにも大人気のスポットです。   芋圓以外にも九份の人気グルメいろいろ! 九份人気グルメ | 阿蘭草仔粿 住所:新北市瑞芳区基山街90号 営業時間 9:00~17:30 電話:(02)2496-7795 ガイドブックなどでもおなじみのお店。こちらはタロイモやよもぎを使ったお餅のお店。店頭でおじさんが販売している後ろで、女性たちがせっせと作業しています。この「今作ってます!」「出来立てです!」って感じが人気の秘密なのかも。芋粿は蒸したタロイモが入った独特の味ですが、名物の草仔粿(よもぎ餅/草餅)は中の餡が様々!一番人気の菜脯米は細切り大根の漬物で、胡椒がピリと効いたピリ辛味。甜紅豆はあんこが入って、大福のようなお味でホッとします。かなり手頃な値段なので、食べ歩きやおやつにぜひどうぞ~。 九份人気グルメ | 魚丸(魚のつみれ) 九份のもう一つの名物グルメ「魚丸」!「芋圓」、「草仔粿」、そして「魚丸」(魚のつみれ)ととにかくお団子系の食べ物が人気! ■九份傳統魚丸 住所:新北市瑞芳区基山街23号 営業時間 平日/10:30~19:00、休日/10:00~20:00 電話:(02)2496-8469   魚丸湯(魚のつみれスープ)は出汁が利いていて、さっぱりと食べやすい。総合魚丸湯は花枝丸(イカ団子)+傳統は肉と魚がミックスされたつみれ+福州は魚のつみれの中に豚肉の餡が入ったもの。他にもはるさめ炒めや麺、魯肉飯…とメニューはわりとあるので、しっかり食事ができます。   ■魚丸伯仔 住所:新北市瑞芳區基山街17號 営業時間 10:00~19:00(土日~21:00) 電話:(02)2496-0896 メインストリートの基山街に入ってまもなく出会うこの魚丸湯の老舗!ぷりぷりの魚丸のほか、中に肉餡がつまってからペースト状の魚つみれを使って開け口を封じてある三角厚揚げの「豆干包」も是非試してみてください!雨の多い山間部なので、温かい魚丸湯のお店から立ち上る湯気にホッとします。 九份人気グルメ | 九份阿珠雪在焼 住所:新北市瑞芳区基山街45号 営業時間 9:00~19:30   雪在焼は「花生捲冰淇淋」というアイス!台湾独特のアイスで、夜市や老街で見かけたことのある方もいらっしゃるかもしれません。クレープ生地に削ったピーナッツキャンディーをまるでカツオ節のようにトッピング。さらにアイスとパクチーをのせてくるりと巻いたスイーツなんです。 さくさくのピーナッツキャンディーがアイスとからんで、食感が最高!クレープで巻いてあるので食べ歩きしやすいのもいい! 九份人気グルメ | 郵局前油蔥粿 住所:新北市瑞芳區基山街111號 営業時間 10:00~17:00(土日~18:00) 電話:(02)2497-6393   店先にドーンと置かれた白い塊。これが噂の“油蔥粿”。台湾の在来米を米漿(お米から作る飲み物)にしてから、蒸したセイロに薄く膜のように伸ばして油蔥と交互に一層一層重ねていきます。その後4〜5時間かけて蒸します。断面はババロアのような、はんぺんのような感じです。大きなセイロで蒸して、一晩おき、中まで冷めて固まってから、店頭に出されます。蒸してすぐの温かいままだと中が柔らかすぎて美味しくないので、時間をかけて冷ましていきます。 油蔥粿の上にはクリームタイプのお醤油の醬油膏と台湾エシャロットがかけられ、スイーツのような感覚もなります。店には他にしっかり食事系なメニューもあります。 昔はお店の前に郵便局があったので店名は「郵局前油蔥糕」と名付けられましたが、今では郵便局は引っ越してお店はそのままこちらに。油蔥粿はお持ち帰り用も用意されていました。是非食べてみてください! 九份人気グルメ
MORE
               
台湾九份行き方 こんにちは。 台北近郊の旅で一度は行っておきたい場所といえば、やっぱり九份ですよね。 日本の方にも大人気でいまや台湾観光の定番コースとなった九份。半日で廻れる観光スポットですが、ゆっくり歩いてみると奥が深く、行く度に新たな魅力を発見できる場所でもあります。 台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町・九份。侯孝賢監督の映画「悲情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることになりました。さらに日本では宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たという噂が広まって人気が高まり、レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ねていったのです。 そこで、台北市内から九份までの行き方・アクセス方法を紹介しましょう! 台湾九份行き方 | バス ①MRT「忠孝復興」駅のバス停から直通バス(1062番バス)に乗る方法。下車は「九份老街」駅。渋滞していなければ1時間半で到着。 ※バス停はMRT忠孝復興駅出口2を出てすぐです。(復興南路一段180號) ※料金:101元 (2020年3月現在) ※基隆客運1062番・時刻表はこちら:http://www.kl-bus.com.tw/Upload/route/20200211145348634614.jpg ◎交通状況により遅れる場合もありますので、時刻表はあくまでも参考まで。約10~20分の間隔で発車されます。   ②MRT「府中」駅から、「板橋」、「西門」、「北門」駅経由の695番バスに乗る方法。下車は同じく「九份老街」駅。渋滞なしでは1時間~1時間20分の目安。※料金:90元 (2020年3月現在) ※運行時間:平日06:00~21:00 / 土日・祝7:00~21:00 平日30~40分/40~60分、土日・祝30~40分間隔で運行 ◎途中は高速道路走行のため、立ち乗り不可、既に満席の場合は乗れません。台北市内から乗りたいですが、混雑時や休日・祝日の場合、始発のMRT「府中」駅から乗車がおすすめです。   【プチ情報】この二つのバスは金瓜石黄金博物館にも行けます!「金瓜石(黄金博物館)」で下車すぐです! 台湾九份行き方 | 台湾鉄道(台鉄/電車) 台湾鉄道(台鉄)に乗って九份の最寄り駅「瑞芳」駅で下車、そこからバスやタクシーに乗り換えて行く方法。 台湾鉄道(台鉄)の自強号(急行)で約40分前後、區間車(普通)では約1時間弱で「瑞芳」駅まで、「瑞芳」駅から788番、856番バスなどに乗換え、「九份老街」で下車。バスの料金は15元、乗車時間は渋滞なしの場合20分くらいです。「瑞芳」駅からタクシーの場合、均一料金で渋滞なしでは約10~15分です。 ※台湾鉄道列車時刻検索ページ(右上に表記言語日本語選択可能):https://tip.railway.gov.tw/tra-tip-web/tip/tip001/tip112/gobytime 【プチ情報】時刻表を検索する際に、目的地「新北市」/「瑞芳」になります。   ◎自強号(急行)は「瑞芳」駅に停車しない列車もありますので、乗る前に必ず確認! ◎「瑞芳」駅前のバス乗り場は台北行き!九份へのバス乗り場は200mほど先、乗換えの際に必ず行き先を確認! 台湾九份行き方 | タクシー チャーター 台北市内から九份まで距離ありますので、所要時間は片道1時間前後ですが、台北-九份往復のタクシー代はかなり痛い出費!ですが、3人以上の団体旅行、高齢者や子連れの場合はおすすめです。また、単純に片道や往復の移動利用より、タクシーチャーター利用では一定時間内に九份のほか、十分、金瓜石や野柳など他の台湾人気観光スポットも一日で回ることが可能です。 ◎九份は交通の混雑状況により急に交通規制かかる場合もあります。交通規制かかった場合、4人乗り車のタクシーは九份老街までいけません。途中の駐車場で有料シャトルバスへの乗り換えが必要となります。   いかがでしょうか?台北から九份への行き方・アクセス方法をまとめてみました。 初心者や安心が一番なら乗車から九份までほぼ心配無用の直通バスを、台湾鉄道も乗ってみたい方は鉄道-バス/タクシーの乗り換えを、大人数の時間有効利用ならタクシーチャーターを、ぜひ自分に一番適した交通手段・アクセス方法を比べて選んでください!   ★落とし穴★ |九份からの帰り道 台北から九份への交通手段・アクセス方法を決まって、順調に九份へ向かい、九份の幻想的な夜景など観光をいっぱい堪能してから、いざ台北へ帰ろうと思ったら、ここに九份観光の落とし穴が待ち構えています!帰りのバス乗り場に長蛇の列!!だいたいの人は夜景を見てから同じ時間帯に帰る予定のため、大混雑! 台北への直通バスの場合、「瑞芳」駅より先は高速道路利用のため、立ち乗りはできません。満席になったら「瑞芳」駅までしか乗れません。「瑞芳」駅までのバスもなかなかの混雑度。タクシーもなかなか捕まらない!バス乗り場の列で待っている時間はかなり焦ります!バスなどの終電時間を確認し、少し余裕の帰り時間を設定しましょう! さらに、九份老街のバス乗り場から坂を登ったところにある一個前の「舊道口」バス降り場までは歩いていける距離なので、混雑時の対応方法としてはいいかもしれませんが、道は歩道ではなく車道になります。また、途中に分かれ道出合います。混雑時は夜の時間帯で暗くなりますので、必ず安全確認も忘れずに!※一個前のバス乗り場ではバス行き先の確認も忘れずに! 台湾の良さがギュッと詰まっているだけでなく、山間部ならではの魅力もあふれる九份。ぜひ一度お出かけになって、九份の魅力を発見してみてください!   九份人気グルメ | 台湾九份の人気グルメまとめ  
MORE

ショッピングエリアの特色

山道散策に疲れ足を休めたければ、九份ならではの茶屋に立ち寄り、おいしいお茶を飲みながら、基隆沖の美しい海を眺めるのも一興です。

グルメの集散地

ここは台湾の有名なグルメ天国であり、多くの有名レストラン発祥の地です。 路地裏には美味しいにおいが漂っており、たった1つの胃袋では足りないほど多くのお店があります!

多様な風情の合流点

次に通る街角にシンプルで清楚な店、奔放で異国風情あふれる小さな店、クラシカルで味わいある老舗店のどれがあったとしても、別の世界を発見することになるでしょう。

史跡人文スペース

街の喧騒から隠れるように静かに存在する古い住宅は、この町の思い出と文化を保存しています。偶然に漂ってくる書物とコーヒーの香りは人々の心を魅了します。